便秘の種類

Permalink

機能性便秘にも3種類あります。まず1つが、弛緩性便秘です。排便をするにも筋力が必要です。何日か溜まってしまうと、便を出すにも力が必要と痛感している人もいることでしょう。弛緩性とは大腸の筋肉が緩むことにより起きる現象のことを指し、女性や高齢者、運動不足の人などにおきやすい便秘です。加齢や運動不足などが原因とされているますが、押し出すための筋力をつける必要があります。

2つめが、痙攣性便秘です。さきほどの弛緩性とは逆の症状で、大腸が活発化し痙攣状態のようになっているため起きる便秘のことを言います。ストレスなど起こるとされています。今まで便秘でなかった人も突然起きることもあります。ストレスではないですが、寒い日に硬直して起こるとうこともあります。

3つめは、直腸性便秘があります。これは日頃から排便を我慢している人に多く起きています。学校や、職場、仕事柄でなかなか直ぐにトイレに行けない人や、朝にゆっくりした時間を持てず、すぐに通勤してしまうなど。この便秘になりやすいです。原因や改善方法は異なりますが、いずれも生活習慣による便秘なので、改善の余地があります。何日も便秘が続くと、腹痛や菌が体内に居座り続けて病気になってしまいますので、少しづつでも改善していきたいですね。

参照資料≪http://xn--68jay1df5gy31z519br8wawga868n.com
便秘の種類や改善方法について掲載している「私の便秘は解消しました。」です。