生活を変えると便秘も治る

対策

Permalink

生活習慣で治る便秘、一体何をしたら良いのでしょう。幾つか対策があるので出来そうなものから試してみてくださいね。まず、入浴。忙しとどうしてもシャワーでちゃちゃっと汚れだけ洗い流せたらいいや、なんて思ってしまいますが、入浴は必要。体の芯から温まることで体の代謝がアップし体内の機能も活性化されやすくなります。

あわせて、湯船に浸かることで疲れも軽減されますよ。次に規則正しいリズムで朝ゆっくりする時間を作る。現代人にはなかなか難しいのがこれ。簡単なようでできませんね。朝起きてすぐ、通勤や通学へ息つく暇もないと、排便するタイミングがなくなってしまって、我慢が続いてしまいます。朝早めに起きて、ゆくりする時間を持てると、排便もスムーズに。

それから水分を多めにとってみては。原因でもこお話ししたように水分不足による便秘であれば、水分をいつもより多めに摂ることで解消されます。理想は1日3リットルの水を飲むとおよいと言われますが、元々水分摂取量が少ない人が急に飲むと胃腸がびっくりしてしまいますので、少しづつ。冬は白湯を飲むと効果的です。そして食生活の見直し。ジャンクフードが軽食に頼ってばかりではいけません。野菜や大豆類を摂り入れて、毎日の食事のどこかではきちんとした食事を摂ってみては。

原因

Permalink

便秘にはいくつかの原因が考えられます。便秘の種類で挙げた3つの便秘はいずれも、生活習慣により改善できます。それに加えて考えられる原因を探ってみましょう。

まず1つが、極度なダイエットをしていませんか。排便の機能としては、まず体内に食物を入れることから始まります。体内の食物が栄養素とそうでないものに分解して、栄養素以外のものは、不要なので、まとめて外に出す。それが便です。そもそも、体内に食物がないことには、栄養素どころか便の元もないので、排便できません。ダイエットで食事制限している人は、便秘になる可能性が高いです。

2つめに水分不足です。生物や植物にとって水分は大事です。水分がないと成長しません。人間にとっても必要不可欠な物です。水分は乾燥には潤い、細胞には活発な動きを与える役目をします。排便を促すにも体内の潤い、細胞の活性化が必要で、そのための水分なのです。これが不足しているとたちまち便秘になりやすいです。特に冬は気温、体温が下がり、緊張状態になり排便しにくい環境になりますので、こまめに水分補給しましょう。

3つめのはストレスです。外的要因とはいえ、外レスは胃腸にダイレクトに影響を及ぼします。胃腸の機能が低下してしまうと、腸内環境が悪くなり、排便する物質を作りだせなくなってしまいます。

便秘の種類

Permalink

機能性便秘にも3種類あります。まず1つが、弛緩性便秘です。排便をするにも筋力が必要です。何日か溜まってしまうと、便を出すにも力が必要と痛感している人もいることでしょう。弛緩性とは大腸の筋肉が緩むことにより起きる現象のことを指し、女性や高齢者、運動不足の人などにおきやすい便秘です。加齢や運動不足などが原因とされているますが、押し出すための筋力をつける必要があります。

2つめが、痙攣性便秘です。さきほどの弛緩性とは逆の症状で、大腸が活発化し痙攣状態のようになっているため起きる便秘のことを言います。ストレスなど起こるとされています。今まで便秘でなかった人も突然起きることもあります。ストレスではないですが、寒い日に硬直して起こるとうこともあります。

3つめは、直腸性便秘があります。これは日頃から排便を我慢している人に多く起きています。学校や、職場、仕事柄でなかなか直ぐにトイレに行けない人や、朝にゆっくりした時間を持てず、すぐに通勤してしまうなど。この便秘になりやすいです。原因や改善方法は異なりますが、いずれも生活習慣による便秘なので、改善の余地があります。何日も便秘が続くと、腹痛や菌が体内に居座り続けて病気になってしまいますので、少しづつでも改善していきたいですね。

病気ではない便秘

Permalink

現代の女性の多くがなるという便秘。便秘には機能性便秘と器質性便秘の2種類に分けることができ、器質性の場合は、腸などに何らかの疾患があることが多いですが機能性便秘は生活習慣によるものなので、治すことは充分可能です。また、女性が便秘と言っている事の多くは機能性便秘です。ここでは、機能性便秘に着目してその原因や対策を考えていきます。

機能性便秘の主な原因には、極度のダイエット、水分不足、ストレスなどがあげられます。排便は、食べた物に対して、栄養素以外の不要な物を外に排出する機能なので、そもそも体内に何らかの食材をいれないことにはその機能は働かきません。ダイエットにより、栄養が足りていない場合には出そうにもこ出てこないのです。

そして水分不足。排便を促すにも潤いが必要で、便の道を作り通りやすくします。その水分が不足していてカラカラな状態であれば、スムーズに排便しにくいのは無理もありません。水分を摂ることで道をつくりましょう。

一番厄介なのがストレスでしょうか。仕事人間関係など、本人すら気づかないことありますから。ストレスとの向き合い方は人それぞれですが、排便を促す良い方法としては、入浴をしっかりしてお腹をあたためて活性化させることです。シャワーだけだとどうしても体の芯から温めまることがないので、腸内も硬直しがち、入浴でしっかり温まれればストレス解消にもなります。機能性の便秘は生活習慣を変えるだけで改善可能なので、少しづつできることからやっていきましょう。